サイト内のコンテンツの無断転載(引用含)を禁止します

会員専用ページ

ログイン

¥700〜

商品検索

作家別カテゴリ

商品カテゴリ

メルマガ登録・解除

facebookページ


puento puenta
Instagram

ホーム
ホーム > 村上雄一
ホーム > お皿とプレート
ホーム > お皿とプレート > 和(作家)の豆皿

村上雄一/多治見 三島手(五穀豊穣)豆皿


【サイズ】φ約65×H10ミリ
【重さ】約32グラム
【質感】さらさら
【素材】陶器
【お取扱い】下記をご覧ください。

「自分が生活する中で『もっとこうだといいな』という日常の道具としての陶磁器を作っています」

沖縄県読谷村の山田真萬さんの工房に勤務の後、多治見市陶磁器意匠研究所を修了、現在、岐阜県土岐市に工房を構える村上雄一さんの三島手(五穀豊穣)豆皿です。

村上雄一さんの器はお人柄から来るものか、どこか凛とした品の良い器ですが、おもてなしだけでなく、日常遣いにひょいと手が伸びる使い勝手の良いカジュアルな面も兼ね備えています。

三島手は、灰色の素地に型押しで文様を施し、その上に白化粧する技法です。
灰色の素地に文様が浮かび上がります。
五穀豊穣は、米・麦・あわ・きび・稗など、後に転じて、穀物の総称となる五穀が豊かに実ることを指しています。

三島手は子供のころ土鍋でよく見た技法えすが(比較すると叱られそうですが)村上雄一さんの三島手はナイーブな土鍋の三島でなく、繊細で洗練された美しい文様となっています。

豆皿ですが、このように箸置きとしてもご使用いただけます。
箸置として使用した画像
画像はクリックしていただくと拡大します。

村上雄一さんの三島手(五穀豊穣)の器は、現在、この豆皿と三島手(五穀豊穣)浅鉢があります。
三島手(五穀豊穣)豆皿と浅鉢の画像
画像はクリックしていただくと拡大します。

■村上雄一さんの三島手(五穀豊穣)豆皿は陶器です。陶器は吸水性があります。ご使用前には下記のように湯炊きをしていただくことをお奨めします。
・大き目の鍋に米のとぎ汁をはり、陶器を浸してから火にかけて沸騰させ、10分ほど煮て火を止めます。
・そのまま湯の中に冷ましてのちに引き上げ、すすぎ、一度乾燥させてからご使用いただくと貫入が目詰めされ汚れにくくなります。
・特に、白や淡い色の陶器にはお奨めします。
・また、毎回のご使用前に水にくぐらせていただくと食べ物のシミもつきにくくなります。
・色の濃い液状のものや油っぽいものを入れたまま保存したり水に浸したままにせず、ご使用後はよく乾かしてからご収納ください。
少し手間はかかりますが、その分愛着もわき、末永くご愛用いただけけるのではないでしょうか?

■作家さんの器は一つ、一つ手作りですので、色・形・釉薬のかかり具合などに誤差がございます。
また、サイズ表記は目安としてお買い求めください。

商品名 村上雄一/多治見 三島手(五穀豊穣)豆皿
型番 4C_my001
販売価格 1,404円(本体1,300円、税104円)
購入数

店舗と在庫を共有しておりますので、売り切れ表示が間に合わないことがございます。ご了承下さい。

Check

PAGE TOP